申込む前に知っておこう、借入の審査基準!

ローン会社が確認したいのは顧客に返済能力があるかどうかです。返済能力に応じて借入限度額を決める場合もあります。まずその判断基準になるのが、現在の職種です。顧客の雇用形態が「正社員」「派遣社員」「パート」のどこに当てはまるのかは返済能力を見るうえで重要になります。同じ年収200万円だとしても正社員の200万円とパートの200万円では信頼度が異なります。ちなみに無職では消費者金融での借入はできません。さらに職業ですが「士業」「公務員」「大企業」「中小企業」「自営業」で分けられます。正社員であっても個人事業主など収入に安定が見込めないと判断されると審査に通らない場合もあります。
さらに審査基準となるのは勤務年数です。まだ1年も働いていいないから心配・・という方でも、3か月から6か月働いていればたいてい問題ありません。
また現在の借入状態も審査の基準となります。他に借金があっても借入は可能ですが、それには返済期日をいつも守っていること、3社以上のから借入がないこと、借入の金額が年収の3分の1を超えていないことが挙げられます。
まとめてみますと、審査基準には現在の職種と、勤務年数、借入の状態が影響するということです。消費者金融は銀行カードローンより審査が柔軟なので、心配な方はこちらを選ぶとよいでしょう。一度審査に落ちると個人信用情報機関に記録が残ってしまうので、申込みの前に簡単審査を行ってみるとよいかもしれません。
自動契約機攻略ガイド│申込→審査→借入までの使い方を徹底解説!はこちら