サラ金の限度額は年収で変わる

サラ金の限度額は法律的な規定によって年収で変わるのは間違いありません。サラ金の融資に関しては一般的な銀行の融資とは違って銀行の基準で行われるわけではないので、お金を貸すサラ金が限度額を決定できるわけではありません。あくまでも、法律に従って限度額を決定しているに過ぎないのです。このサラ金などの貸金業の融資の限度額を決定づける規制のことを総量規制と言います。
総量規制は、貸金業者が提供する融資のサービスには必ず適用される法律的な規制であるため、貸金業としてサービスを提供する異常はこの規定に従わなくてはいけません。前年度の年収の三分の一という限度が決められているためこの金額がサラ金の限度ということになります。貸金業の融資であっても増額申請をすることは何の問題もありませんが、増額申請をするときにはそれ以上の金額を融資してもらうことができるということを証明するために年収が上がったことを証明するための書類を提出しなくてはいけません。
また、貸金業における金額の限度というのは融資の安全性を考慮するために作られているということも忘れてはいけません。一定金額の限度を法律的に作ると、必ずその範囲な契約を締結することになりますので融資の安全性を守ることができるようになります。融資の契約で最もやってはいけないことは、返済をすることができない金銭を借りて多重債務者になってしまうことなので、総量規制があればそのような心配もないのです。
サラ金の金利比較ランキング【即日融資も可能】おすすめ大手4社サラ金はこちら